« サーバーのアップデートにはまりまくり | トップページ | eeePC 4G ガンバレ »

2010年2月21日 (日)

サーバー構築は足し算、それとも引き算で?

先週末、自宅のファイルサーバーの再構築でubntuのインストールにえらく手間取ってしまいました。すべての作業が完了したわけではなく、とりあえずファイル共有ができるようにして単身赴任先に戻りました。今週、再び自宅に戻り、先週やり残したサーバー設定を追加しようと思い、前回構築した内容を確認のために以前書いたブログの記事を読み返してみました。すると何と言うことか前回OSはSDカード(16GB)にインストールしていたと記載されています。うーむ半年前の記憶が全く消えています。システム管理者失格です。

初代eeePCに搭載されているストレージは4GB(df -h コマンドでの表示では3.5GB)なのでそこにununtuをインストールすると2.1GB消費し、残りは1.3GBになってしまいます。アップデートを適用するとさらに消費され残りは900MB強となりました。メインのストレージを使い果たすのを避けるためにSDカードにインストールしたことをすっかり忘れていました。そのSDカードですが、フォーマットして新規にインストールしようとするとフォーマットの途中で止まってしまいます。windowsでフォーマット(FAT32)してみてもダメです。よほど根深いところで破壊されてしまったようです。とほほ。ということでメインストレージの残量を気にしながらバックアップの設定などを行いました。

まずストレージ資源を確保するためにopen offece.orgやゲームなどを削除しました。またサーバー構築の入門書などでは、必要のないサービスは停止しましょうとありますが、どれを停止すれば良いのか各サービスの内容を理解していなかったのですが、たまたま「日経Linux 3月号」にGNOMEでの停止検討対象のサービス記事があり、それを参考にいくつかの自動起動サービスを停止しました。(システム→設定→自動起動するアプリ)。

ただ、もともと4GBしかないところにubuntuをインストールするのではなく、ubuntuでも軽量なlxubuntuなどにすればという考えもあります。実際、前回はLIVE CDの部屋さんからダウンロードしたeeelxubuntu 9.04をインストールしていました。最小限のインストールで必要であれば追加する(足し算)方が、いっぱい入っているパッケージからいらないものを削除する(引き算)にするか、理屈から考えると足し算の方がより効率的にサーバーが構築できるのではと思います。

「何も足さない、何も引かない」という某ウイスキーの宣伝文句がありますが、なかなかそうはできず、今回は多めに入れて、いらないものを引いて行く、という使い慣れを優先した構築になりました。過渡的な対応になるかもしれませんが、ストレージの消費量を見ながら次の段階を考えようと思います。

|

« サーバーのアップデートにはまりまくり | トップページ | eeePC 4G ガンバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/47625254

この記事へのトラックバック一覧です: サーバー構築は足し算、それとも引き算で?:

« サーバーのアップデートにはまりまくり | トップページ | eeePC 4G ガンバレ »