« ubuntu 9.10 インストール その3 | トップページ | NetWalkerとBluetooth の大ボケ »

2009年12月23日 (水)

VMware Player 3.0 と ubuntu 9.10

利用頻度は高くありませんが、仮想化ソフトとしてVMware Playerを利用しています。VMware Playerのバージョンが3.0になって、VMware Player上で仮想マシンを作成できることを日経Linux1月号で知り、試してみました。従来はフリーソフトを使って仮想マシンを作成していましたが、VMware Playerで作成できるのであればその方が楽ちんです。私はWindwos7をホストOSにしてゲストOSとしてubuntu9.10をインストールしてみました。操作は簡単で、ubuntu 9.10のCDを挿入してVMware Player を起動すると新規仮想マシンの作成という表示が出るのでそれをクリック後はユーザー登録をするとすぐにインストールが始まり、無事インストールが完了しました。キーボードの初期 設定が英語になっているのと時刻の設定が日本ではない点以外はまったく問題ありませんでした。これならお試しに様々なディストリビューションをインストールすのも手軽にできそうです。

Vmware_3

Vmware_ubuntu800x500

|

« ubuntu 9.10 インストール その3 | トップページ | NetWalkerとBluetooth の大ボケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/47093913

この記事へのトラックバック一覧です: VMware Player 3.0 と ubuntu 9.10:

« ubuntu 9.10 インストール その3 | トップページ | NetWalkerとBluetooth の大ボケ »