« パーソナルコンピュータの明日を考える上での過去と現在 | トップページ | 2010年はどんな年に? »

2009年12月31日 (木)

ubuntu 9.10は鬼門? 今年最後のとほほ

今年も残りあと1日です。
年頭に掲げた目標

  1. LPIC LEVEL1 の取得
  2. Linuxによるサーバー構築
  3. 自分のスキルを活かして人様のお役に立つ

の1と2は何とかクリアできました。
3は茫洋とした目標で簡単には達成できませんが、このブログを通してわずかの人たちとではありますが、コンタクトできたことはちょっとした収穫かな、と考えています。

今年の最後はとほほなお話です。
所有しているPCでubuntu9.10のインストールができない機種(5台中2台)があり、9.04で動かしていたのですが、年末の休みで時間が取れたので最後の(?)チャレンジをしました。

1台目はDELL Inspiron 5150。インストールは完了しますが、再起動後、GRUBメニューからubuntuを選択すると”no such device""と表示されてしまいます。ubuntu日本語フォーラムに対処法が記載されていたので何とか回避でき9.10が起動しました。で、アップデート通知でカーネルがバージョンアップされて再起動するとまた別のエラーで起動しません。対策方法を探すするパワーがなくなり、9.04に戻すことにしました。

2台目はHP Pavilion Vの外付けSSD(PATRIOT WARP 2.5" SATA 64GB)にインストールした9.10ですがこれは再起動後ブートしてubuntuのロゴが表示されるのですがそこで止まってしまいます。recoveryモードで起動すると起動の最後の方で"EXT4 -fs error(device sdf1):ext4-find-entry:reading directry #2 offset0"とかが表示されて先に進めません。ファイルシステムをEXT3にしても同様です。試しに以前使用していた外付けUSBのHDDにインストールするとちゃんと起動します。うーむ、これはいわゆる相性問題なのかと10.04まではUSB HDDで動かすか、と思っていた矢先にUSB HDDが不調になってしまいました。SSDに切り替えた理由がUSB HDDの動きがおかしかったためだったことと思いだし、USB HDDの利用は止めて、当面SSDの9.04でしのぐことにしました。ひょっとするといずれもGrubが2.0になったことと関係があるのかもしれませんが、私の知識レベルでは対処のしようがありません。と言うわけで次の10.04ではさっくりと動くことを祈りながら、当面は9.10と9.04の混在環境で動かすことにしました。何事もなかったようにあっさりと起動ができる9.04がなんかど鉄板のように見えてきました。

それではよいお年を。

|

« パーソナルコンピュータの明日を考える上での過去と現在 | トップページ | 2010年はどんな年に? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/47162011

この記事へのトラックバック一覧です: ubuntu 9.10は鬼門? 今年最後のとほほ:

« パーソナルコンピュータの明日を考える上での過去と現在 | トップページ | 2010年はどんな年に? »