« Linuxでできるハードウェア改造 | トップページ | Windows 7 と ubuntu 9.10 »

2009年10月17日 (土)

ubuntuで青空文庫

Aozora

著作権が消滅した文学作品を中心に電子図書館として公開されている青空文庫。公開数は8,000作品以上あるそうです。Windowsでは割と簡単にビューアーで読むことができますが、Linuxでは難しいと思っていたのですが、XJP2という青空文庫ビューアーがあり、ubuntuでも読むことができました。

何百冊もの文庫本を「NetWalker」で持ち歩き読書欲を満足させる方法~XJP2編~

ソースコードからのインストールで、かつXJP2の設定ファイルでの設定等があり、導入は少し面倒ですが、記事に導入方法が非常に丁寧に紹介されていますので、これを忠実になぞれば導入できます。記事ではNetWalkerへのインストールでしたが、私はデスクトップ機とhp mini2140に導入して、どちらも問題なく動いてくれました。注意点としては、記事にもありますが、フォントの指定で、MAIN_FONT_Eを有効にすると起動しないので、行頭に#をつけて読み込まないようにします。あと、記事ではフォントはNetWalker独自のLCフォントで記載されていますが、他のマシンではデフォルトのままか、好みのフォントを指定すれば良いでしょう。設定ファイルについてはXJP2のサイトにも詳しい説明がありませんが、設定内容を見ると大体の想像がつきます。基本的なキー操作はデフォルトでは

f:メニュー(保存している本の一覧表示)
q:終了
スペースキー:ブックマーク(しおり)
s:しおりを開く
Aozora_menu

です(設定を変えることができます)。私は本文の背景色と文字色をオーソドックスの白黒にし、フォントサイズは18ポイントにしました。このあたりはいろいろと試して自分好みに仕上げると良いと思います。

青空文庫は、作者の意向によって著作権存続中の作品も一部公開されていて、デジタル関係の作品があります。

津野海太郎
    「小さなメディアの必要」
    「本はどのように消えてゆくのか」
富田倫生
    「青空のリスタート」
    「パソコン創世記」
    「短く語る『本の未来』」
レイモンド エリック
    「伽藍とバザール」(HTML版とPDF版のみ)
    「ノウアスフィアの開墾」(HTML版とPDF版のみ)
    「魔法のおなべ」(HTML版とPDF版のみ)

hp mini2140に本をダウンロードして東京と大阪の新幹線の中で読む楽しみが増えました。
これがNetWalkerだともっと楽ちんかも、、、、。いかんいかんガマン、ガマン。

|

« Linuxでできるハードウェア改造 | トップページ | Windows 7 と ubuntu 9.10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/46507980

この記事へのトラックバック一覧です: ubuntuで青空文庫:

« Linuxでできるハードウェア改造 | トップページ | Windows 7 と ubuntu 9.10 »