« Ubuntu Magazine | トップページ | Linuxでできるハードウェア改造 »

2009年10月 3日 (土)

BeagleBoard備忘録

Pict0374_800x600

BeagleBoardにubuntuをインストールして、sambaを利用したファイルサーバーにしようとしたところ、ファイル保存用の外付けHDDのディレクトリのアクセス権の変更ができず、外部からの書き込みができずにいました。
BeagleBoardその後

気合を入れ直して何とかしようと悪戦苦闘しましたが、結局うまくいきません。

Screenshotbagleboard
スクリーンショットの図は、外部のubuntuマシンからsshで接続してtouchコマンドでファイルを作成しようとしてうまくゆかず、chmodコマンドでアクセス権を変更しようとしても変わらず結局ファイル作成ができない様子です。
こういう場合は、設定がおかしいか、不具合があるのかどちらかで、経験的には自分の設定がおかしいことが多いのですが今回はうまくゆきません。試行錯誤の過程でsudoersとかvisudoなどの知識を得ることができましたが。。。
そこで、外付けHDDではなく、ubuntuをインストールしているSDカードの中にファイルを作成してみるとなぜか作成できます。sambaの共有ディレクトリの設定(/etc/samba/smb.conf)をSDカード内のディレクトリに変更するとWindowsからもアクセスできます。うーむ、何だかよく分からん○△★!?▽*
で、結局、80GBの共有スペースを諦めて、SDカードの2.7GBの空きスペースでファイルを共有することにしました。ま、もともと一時共有保管場所として考えていたために、当面はこの容量で何とかなると思います。
ということでBeageleBoard君、今日も元気にピカピカとLEDを光らせています。BeagleBoard君にUbuntu Magazineの付録のステッカーを貼ろうかと迷っています^^;

|

« Ubuntu Magazine | トップページ | Linuxでできるハードウェア改造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/46381544

この記事へのトラックバック一覧です: BeagleBoard備忘録:

« Ubuntu Magazine | トップページ | Linuxでできるハードウェア改造 »