« Linux コマンドラインとMS-DOS | トップページ | ノートPCとネットブックとMIDの境目 »

2009年9月12日 (土)

今度は工人舎からPMシリーズ

シャープからMID(Mobile Internet Device)のNetWalkerが発表されたら、今度は工人舎から重さ340gのポケットサイズのNetBook PMシリーズが発表(10月初旬発売)されました。うーん、これもなかなか魅力的です。共通点は上着のポケットに入る大きさと軽さにありますが、スペック的には両者はかなり異なるようです。

Pm_vs_netwalkes

スペック的にはPMシリーズが上位で価格差もそれなりに1万5千円あります。好みが分かれるところでしょうね。個人的には工人舎のPMシリーズのスペックはかなり魅力を感じますが、価格の中にWindowsのライセンス料が含まれているのは複雑です。使わないWindowsのライセンスがどんどんたまります。ポイントじゃないので、これには抵抗を感じてしまいます。ということで、今の時点では、ubuntuを標準搭載したNetWalkerにエールを送りたいと思います。

|

« Linux コマンドラインとMS-DOS | トップページ | ノートPCとネットブックとMIDの境目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/46192384

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は工人舎からPMシリーズ:

« Linux コマンドラインとMS-DOS | トップページ | ノートPCとネットブックとMIDの境目 »