« ノートPCとネットブックとMIDの境目 | トップページ | Ubuntu Magazine »

2009年9月27日 (日)

NetWalkerに触れてきた!

9月18日に一部店舗で先行販売が開始され、25日に正式に発売となったシャープのNetWalkerですが、アキバヨドバシで触れてきました。ヨドバシではかなりの台数が展示されていました。ほぼ予想通りの大きさと重さだったので、第一印象は、うん、こんなものか、といった感じです。さすがにポケットに入れるのは苦しいですが、電子辞書を一回り大きくしたような印象です。

早速手に取ってキーボードを触って見ました。両手で持って左右の親指で入力してみましたが、結構打ちやすいです。キーボード左右の上側についているポインティングデバイスの使い方もすぐに慣れ、快適に使えます。ただ、私は手が小さく、親指打ちをすると中央付近のキー(gやhなど)が少し押しづらく感じました。そこで、NetWalkerを台の上に置いてタイピングしてみたら、今度は14mmというキーピッチが少し窮屈に感じ、何度かタイプミスをしましたが、慣れるとタッチタイピングも可能でしょう。この辺りは、使用目的にもよると思いますが、長時間、長文を入力するのでないなら、かなりの出来栄えと感じました。ちなみに、私が所有しているWILLCOMのAdvansed03よりはずっと使い易いことは確かです。

画面の大きさ、解像度は十分に実用的と感じました。5.1インチの画面で1024x600の解像度では、老眼が出てきた私には文字が小さくて読めないかな、と心配していましたが、そんなことはありませんでした。

電源を投入して3秒で復帰、とありますが、確かに速いです。ただ、アプリの起動をするとちょっともたつきを感じます。無線LANには接続していなかったため、残念ながら一番の実用環境のFirefoxの使用感は試すことはできませんでしたが、予想通りの手応えと、あの大きさの中でubuntuが動いているのはちょっとうれしいです。

価格は10%のポイント還元がついて、44,800円でした。amazonで40,200円で販売されているので、実質4万円程度というところでしょうか。
色は、黒と白で赤は10月発売とのことですが、ケース表面が光沢紙上げなので黒は指紋が目立ちやすいかも、です。

工人舎のPMシリーズも触ってみたかったのですが、こちらは発売前ということで展示されていませんでした。

さてどうする?、なんて、すぐに飛びつくと言うほどの気持ちはまだ沸いてこず、もう少し値下がりを待つか、更に改善が期待される次機種まで様子見か?新たな物欲との戦いです。

|

« ノートPCとネットブックとMIDの境目 | トップページ | Ubuntu Magazine »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/46325751

この記事へのトラックバック一覧です: NetWalkerに触れてきた!:

« ノートPCとネットブックとMIDの境目 | トップページ | Ubuntu Magazine »