« 4bitマイコン | トップページ | 今度は工人舎からPMシリーズ »

2009年9月 5日 (土)

Linux コマンドラインとMS-DOS

Linuxでサーバーを構築してからコマンドラインで作業をする機会が増えました。そう言えば昔、MS-DOSで同じようなことをしていたのですが、その頃の感覚が蘇ってきます。
書棚の奥からこの様な本が出てきました。
Ca3c0185_800

発行は1987年で、もう20年以上経っています!当時は、ファイル操作などをいかに効率的に行うか、様々なツールやノウハウがあったものです。当時の経験、記憶が現在、Linuxのコマンドラインを使うときにも役立っています。写真の本にあるツールを使えば、MS-DOSのdirコマンドの代わりにUnixライクなlsコマンドが使えますし、MS-DOSでバッチファイルと呼んでいたものはLinuxのシェルスクリプトと同じ機能です。ていうか、どちらもUNIXをルーツとしているので、同じような体系になるのは当然と言えます。
そういえばパソコン通信と呼んでいた時代、MS-DOSの話題ではまず自分のconfig.sysとautoexec.batを紹介してから話が始まるというのがありました。

コマンドラインを使っていると、PCと対話している気分になります。コマンドを入力すると黙々と応えてくれますし、間違ったコマンドを入れると即座に「ダメだよ」と言い返してきます。WindowsでGUIばかり使っていたのが久しぶりにコマンドラインを使うようになり、この会話の感覚が私には懐かしくもあり、それなりのよさを感じています。そういえば「人工無能」と言うソフトもありました。
このブログを読んでくれている数少ない人たちの大半は何のことやら分からないかも知れませんね^^;
前回の4bitマイコンに続き、昔話になってしまいました。年のせいですかな。

|

« 4bitマイコン | トップページ | 今度は工人舎からPMシリーズ »

コメント

昔のマイコン談義 懐かしいですね
自分もワンボードマイコンでマシン語でしたっけ 極々簡単なゲーム 現代では何だこりゃ ですが作りましたよ。
BASICになったら会社の仕事で面倒なやつをプログラム作って喜ばれたりしました。
Windowsになったら、さっぱり解らず止めてましたがホームページ作るようになってプロバイダのサーバー容量やソケット通信を許可しない これらに頭にきてLinuxサーバーをはじめたわけです。
まだまだ解らないことばかりです。60歳

投稿: Mild7 | 2009年9月 5日 (土) 20時08分

Mild7さん
コメントありがとうございます。
年齢からすると私より少し先輩でいらっしゃいますね。
私はMS-DOSからWindows信者になり、以来Windows一辺倒でしたが、OSとアプリがだんだんと重くなってきたのと、何だかよく分からないお節介なことをいろいろとしてくれるので、Linuxに宗旨変えをしました。と言っても会社ではWindowsを使っていますので、Windowsを触っている時間の方が圧倒的に長いですが。

投稿: TAT | 2009年9月 6日 (日) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/46128009

この記事へのトラックバック一覧です: Linux コマンドラインとMS-DOS:

« 4bitマイコン | トップページ | 今度は工人舎からPMシリーズ »