« EeePC 4G をサーバーに! | トップページ | BeagleBoardで遊ぶ(遊ばれる) その3 »

2009年7月 6日 (月)

BeagleBoardで遊ぶ(遊ばれる) その2

前回は、ウンともスンとも言ってくれなかったBeagleBoard君、今回は少し反応してくれました。
前回、うまくいかない要因として
   1. SDカードの作成がうまくできていない。
   2. RS232C関係のケーブルの接続、とくにUSB-RS232C変換ケーブル機器のドライバーの問題。
   3. ACアダプター(5V、2A)がうまくいっていない。
   4. BeagleBoardの初期不良。
が考えられると書きましたが、上から順に当たってみることに。

まずSDカードの作成は、別のSDカードに再度作成し直してみました。
結果はやはり無反応。一番怪しいと踏んでいたのですが、、、。

次の2の要因は、RS-232Cポートを持つPCがないために、USBに変換したのですが、接続後
    $ dmesg | tail
コマンドでシリアルデバイスを確認をすると、やはり(当たり前か) ttyS2ではなく、ttyUSB0として認識されていました。
そこで記事にある
/mnt/etc/event.d/ttyS2 の設定の「ttyS2」とあるところを「ttyUSB0」に変更して、/mnt/etc/event.d/ttyUSB0 として保存しました。
で、接続してみるとまたもや無反応。

日経Linuxの記事をよく読み返すと、63ページの左段の「BeagleBoardでUbuntuを起動」の部分に「作業用のLinuxパソコン上でシリアルコンソールを起動し、BegleBoardが利用できる状態にします」とあります。シリアルコンソールの起動方法の説明が、その後に続く文章にあると勘違いしていたのが大間違いで、実は実はシリアルコンソールを起動するためには、

    $ cu -l ttyUSB0 -s 115200  
(通常はttyS2であるが、私の場合はttyUSB0となります。ちなみに、cuコマンドはuabuntuではインストールされていないので、
    $ apt-get install cu
でインストールしておきます)

いやー、懇切丁寧な記事と思い込んでいたための誤解でしたが、この部分、やけにあっさりと書いてあるなあ。これでうまく行くのでは、と大きな期待とともにACアダプターを接続しましたがまたもや無反応^^;;;;

こうなると3番目のACアダプターを疑ってみることに。家探しをしても適当な5Vのアダプターがなく、仕方なく秋葉原で再度安い(600円)アダプターを購入。
ここまで失敗続きなので、半ば諦めモードでアダプターを接続。
すると、なんとボード上の3ヶ所のLEDが光り出したではありませんか!
うううっ、やったー。
私はPCは自作の経験はありますが、電気、電子にはからきし弱く、基板とか回路とかは全くいじったことがないので、あまりにも無反応なのがなんだか変かな、と思いつつここまできました。ふーっ。

で、ubuntuは起動したか? 否、、、、。
記事にあるU-Bootに自動起動コマンドのセット(めちゃくちゃ長い呪文)を入力してみましたが、エラーが表示されます。
今日はここまで。

ということで、怪しいと考えていた、2と3とシリアルコンソールの起動方法(!)が要因と判明し、最悪の事態であるBeagleBoardの初期不良と言うのはなくなったので、当分いじりつづけることができそうです。BegleBoard君、疑ってごめん。

Beagleboard2
見にくいですが、下の方3ヶ所が光っています。うーん、知らなかった。

Screenshotyoshikiyoshikiacer

呪文とエラーメッセージ。(タイプミスだと恥ずかしいなあ)

|

« EeePC 4G をサーバーに! | トップページ | BeagleBoardで遊ぶ(遊ばれる) その3 »

コメント

シリアルコンソールの起動の仕方を教えてください。

⇒ cu: -l ttys2 -s 115200 で「enter」
($ apt-get install cu でcuコマンドはインストールしました。)

その結果のメッセージは、
cu :open (/dev/ttys2): no such file or derectory
cu :ttys2: line in use
と表示されます。

このエラーの対処方法が判れば教えてください。
一応、sdメモリには、ttys2のファイルとinterfacesへの追加は確認しました。
よろしくお願いします。


投稿: kazu | 2009年7月 6日 (月) 23時17分

kazuさん

取り急ぎ、、、
一つ考えられるのは「ttys2」とありますが、「ttyS2」(Sが大文字)では、と思います。確認してみてください。
あと、root権限ではなく、一般ユーザー権限でcuコマンドを使用してください。

投稿: TAT | 2009年7月 7日 (火) 07時08分

linuxは、大小文字の大きさを確認意識する必要があるんですね。ファイル名を確認します。
システム管理者画面でroot権限を変更した記憶がありますので、その変更して一般ユーザでやってみます。
ありがとうございます。
なお、そもそもの疑問です。
通常はdsub9ピンでモニターにつないでいるPC(ubuntu)をやっています。そのPCに本体にRS232Cをつないでbeagleboardの起動を確認しています。そのため、モニターへの画面出力の切り替えをどうするんだろうと悩んでいます。dsubのケーブルは外しておくんでしょか。

投稿: kazu | 2009年7月 7日 (火) 12時51分

kazuさん

調べて見たところ、モニター用の端子はアナログでは現在は15pinがほとんどですが、少し前のタイプでは9pinのものがあるようで、kazuさんのものは、この9pinタイプではと思われます。今までモニターに接続されていたのであればこの端子は映像信号用のもので、RS232C信号用とは別のものと思われます。
ということで、他にRS232C用の端子がないか(RS232C用としては25pinなどもあるようです)確認いただくか、なければ別の方法(USB変換とか、RS232C用ボードの購入とか)を検討いただくことが必要かと思われます。
あくまで推測ということでご了解ください。

投稿: TAT | 2009年7月 8日 (水) 06時07分

アドバイスありがとうございます。
私の書き方が悪かったんですが、RS232Cの端子があり、日経の記事に出ていたケーブルでキチンとささりました。
そうするとlinux用PCは、d-sub9ピンとRS232Cと二つのケーブルをつなぐんですね。
そして、ubuntuの端末画面で「cu」コマンドをたたくとbeagleboardのubuntuが上手くいけばはしるんでしょうかね。

平日はバタバタしているので週末にやってみます。
ありがとうございました。

投稿: kazu | 2009年7月 8日 (水) 08時36分

本日、残業が無く、アドバイス(ttyS2を大文字、rootでは無く一般ユーザ)通り実行しました。

ubuntuの端末画面から、cu: -l ttyS2 -s 115200 と実行すると、

Connected と表示。

その時、脇にある(beagleboardからdvi-HDMIで接続した)モニター(DELL 1504FP)は真っ黒で何も表示されませんでした。

*質問1です。
 通常はこの時点で、日経linuxの記事にある図8の画面は、私の環境ではDELLのモニターに表示されるんでしょうか。?

一応、モニターの不具合の有無をチェックのため、dsubの端子もあるモニターなので、他のPCにつないだところキチンと表示されました。(ただし、この時「省エネモードのため、キーボードかマウスを触るように」と表示)

*質問2です
以上の状態で、beagleboardからdellのモニターに信号がいっているのかわからない状態です。
一応、シリアルコンソールからはconnectedと表示され、enterを押すと、DisConnectedと表示されます。
なお、cuコマンドを実行する前に、USBハブ、beagleboardの電源投入、モニターの電源は入れた状態でやってみたり、cuコマンドを実行後に周辺機器の電源を入れてみたりとやっていますがダメでした。

もし、もし、対応策がございましたら、アドバイスをお願いします。
*SDメモリのセットアップがダメなんでしょうかね。?

投稿: kazu | 2009年7月 8日 (水) 22時51分

kazuさん

レスが遅くなりました。

質問1 については、図8の画面は作業用LinuxのPCの画面に出力されます。シリアルコンソールというのは、作業用PCからBeagleBoardに接続してその状態を作業用PCの画面に表示します。作業用PC上でConnectedと表示されている状態で、ACアダプターを接続すると図8にある起動メッセージが表示されます。このブログにある画面のコピーも作業用PCのものです。

質問2 私の場合、モニターは1台しかないので、同時に接続したらどうなるかは、実際に試せないので、回答は難しいです。
ただ、言えることはこの段階では必ずしもBeagleBoardのデジタル出力をモニターに接続する必要はなく、質問1の作業を終えて、bootコマンドを入力してシリアルコンソール上でCUIモードでubuntuが起動できることを確認した上で、デジタル出力をモニターに接続をして電源を再投入する、と言う手順になると思います。(最初から接続していても問題はないかも知れませんが、、、、)回答にならずにすみません。

ps 私自身ようやくubuntuの起動、インターネットの接続に成功しました。ブログの続きは近いうちに掲載します。

投稿: TAT | 2009年7月10日 (金) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/45557422

この記事へのトラックバック一覧です: BeagleBoardで遊ぶ(遊ばれる) その2:

« EeePC 4G をサーバーに! | トップページ | BeagleBoardで遊ぶ(遊ばれる) その3 »