« 超小型Linux マシン | トップページ | Beagle Board が出荷されました »

2009年6月20日 (土)

Linuxの教科書

「知っていることと使えることは違う」とはかねがね思ってきたことだが、最近、Linuxに関してせっかくLPIC レベル1を取得したのに、知っている事自体おぼつかなくなってきた(汗)

レベル1を取得してよかったことはLinuxに関して(浅いが)一通りの知識に接することができたこと。このおかげでwebサイトや雑誌を読んでも、かつての「なにやら呪文が並んでいる」状態から、一応「こんなことをやっている」と言うのが理解できるようになった。だから、書いてあることをもとに多少のアレンジやカスタマイズが出きるようにもなった(と思う)
ただ、何もない状態で端末からコマンドを叩こうとすると途端にコマンドが出てこない、オプションが出てこない、コマンドだったなのか設定ファイルだったなのか思い出せない状態に陥る。webマニュアルや、資格取得のときにお世話になったテキスト(いわゆる茶(チョコ)本)のお世話になればよいのだが、だんだん記憶が欠落してきていることを実感する。多分、知識が私の頭の一時記憶領域に蓄えられただけで、他の新たな情報が入ることにより、以前の知識がどんどん消されていってるのだろう。

これではいかん、といわゆるLinuxの入門書や解説書を買い込んだ(結構こういうのが好きなんです^^;)ものの、必要に迫られないとなかなか手に取ることもなく、我が脳味噌は退化の一途をたどっている。

そんなときに、LPI-JAPAN(Linux Professional Institute Japan)から
 Linuxサーバー構築標準教科書
がインターネット上で、公開・提供される用になった。
これは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で公開されていて、その範囲であれば自由に利用することができる。

LPI-JAPANからは昨年11月に
 Linux標準教科書
も公開・提供されている。

今回のLinuxサーバー構築標準教科書も早速ダウンロードしてみたが、

1章 Linuxのインストール準備と事前学習を行う
2章 Linuxのインストールと設定を行う
3章 ネットワークの設定と確認を行う
4章 DNSサーバーのインストールと設定を行う
5章 Webサーバーのインストールと設定を行う
6章 メールサーバーのインストールと設定を行う

の章立てで全部で121頁のボリューム。
ちらちらと読むと基礎的なことを中心に実習を想定して記載されている。
これで久しぶりにスカスカの脳みそに活を入れてみるか。

ps 記憶の欠落でおまけ
先日、hp mini2140がbluetoothマウスを認識しなくなってしまった。
どうしたのかな、とGUIの設定ファイルをいじってみるがうまくゆかない。
こういう時は、ググるしかない、と
「hp mini 2140 bluetooth マウス 認識せず」などと入力して検索すると、一番最初に私のブログの少し前の記事が出てきてコマンドによる解決方法がそこに記載されていた。
な、な、な〜るほど。^^; ^^;

|

« 超小型Linux マシン | トップページ | Beagle Board が出荷されました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/45394351

この記事へのトラックバック一覧です: Linuxの教科書:

« 超小型Linux マシン | トップページ | Beagle Board が出荷されました »