« hp mini 2140 に速攻でubuntuをインストールのはずか、、、 | トップページ | 超小型Linux マシン »

2009年6月 7日 (日)

hp mini 2140を使って1週間

hp mini 2140を使い始めて1週間。快適です。起動の速さと静かさは感動もの。
どれぐらい快適になったのか、これまでモバイル用に利用していたThinkPad X40と比較してみました。ubuntu 9.04の起動時間と起動直後のfirefox起動時間を、ストップウォッチで実測。参考までに自宅で使用しているデスクトップ機(hp pavilion v7180 +外付けUSBハードディスク)も計測。
電源投入後、GRUBが起動してログイン画面が表示されるまでの時間と、アカウント入力後起動が完了するまでの時間を測ってみた。それぞれ2回づつ測って平均値をとったが、1回目と2回目の差はほとんどなかった。以下の結果はあくまで私の実際の使用環境における数値なので、テスト条件、環境による変動はありうるということをお断りしておきます。

Benchmark_table_3

 表をみるとhp mini 2140の起動の速さがお分かりいただけると思う。
起動時間であるのでCPUやメモリーのスペックよりもディスク(HDD、SSD)のスペックの差が大きいと思う。X40の65%の起動時間になった。

Dsc00664_640

大きさは横幅はmini2140とX40ではほぼ同じで、奥行きがmini2140がグッと小さい。
Dsc00661_640
画面解像度は1360x768と1024x768で縦は同等で、写真のようにインターネットを表示したところ、画面の両サイドに余裕があるのが分かる。その分、表示される文字は小さくなっている。
キーボードの使い勝手は、どちらも満足。ただ、mini2140のキーストロークが浅めで、深めが好きな私はX40の方が手に馴染みます。また、タッチパッドはmini2140の場合、打鍵中に左手の腹の部分がタッチパッド(もしくは左クリック)部分に触れて、カーソルが思わぬ方向に動いてしまうことがある。それとX40のポインター(赤ポッチですね)はつくづくと使いやすい。
あとはX40の液晶が少々くたびれてきており、バッテリーだけの表示では余計に暗くなっていたが、mini2140はバッテリーだけでも十分明るい。バッテリーの持ちも十分にあるので、東京~新大阪の移動にバッテリーは不要でこのおかげで荷物がずいぶん小さく、軽くなった。

といった使用感で実用上の不満はほとんどなく、私にとっては最強のモバイルツールになっています。
さて、これまで頑張ってくれたThinkPad X40ちゃんの使い道も考えてやらなければ。。。

 

|

« hp mini 2140 に速攻でubuntuをインストールのはずか、、、 | トップページ | 超小型Linux マシン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/45268026

この記事へのトラックバック一覧です: hp mini 2140を使って1週間:

« hp mini 2140 に速攻でubuntuをインストールのはずか、、、 | トップページ | 超小型Linux マシン »