« 限りなき物欲との闘い | トップページ | PCLinxOS 2009 »

2009年4月 5日 (日)

プロジェクト Linux その3

作業のつづき
3.10 SSHサーバーの導入
(1) openssh-serverのインストール
(2)  ファイアウォールの設定変更
(3)  windowsに poderosa(リモート接続ソフト) と WinSCP(ssh用ファイル転送ソフト)をインストール

他のマシン(linux,windows)からのリモート接続を確認。

今回の作業で第1ステップは完了。
サーバーとしては、apache,samba,ftp,sshが稼働を開始した。
サーバー構築の目的の一つである単身赴任先と自宅のファイル共有環境は出来上がった。
もっとも、ファイル共有だけならここまでは必要ではなく、最後に導入したsshがあれば目的は達成する。
また、こんな手順を踏まずともdropboxを使えばファイル共有できる環境は既に出来上がっているのだが^^;
一通りの作業を通して感じたことは、単に家庭用サーバーとして導入するだけなら何とかなったが、最適な環境にするためにはまだまだ知らないこと、やるべき事が多いだろうということ。そして運用についてはまだこれから、ということ。とりあえずリモートで動かせるようになったので、サーバーの電源は落とさずに自宅を出た。

こんなことを新幹線の中で書きつつ、ふとLANで接続でしか接続テストをしなかったことに気がついて、新幹線から自宅にSSHでアクセスしてみるとつながらん^^; FTPでは接続する。あは、ファイアウォールは設定したはずだが。次回の宿題に。

2009.4.11 追記

つながらない答えは、4月8日発売の「日経Linux5月号」の特集「Linuxサーバー完全自作術」にあった。ルーターのポート・マッピングの忘れで、週末自宅に戻って設定をしたら無事つながった^^;;)

ところで、この特集記事は「独自ドメイン」「SSL」「IPv6」が目玉になっていて、最後はインターネット越しに異なるOSでセキュアなファイル共有を行うというもの。むむむ、やっと一段落したと思ったら、早くも次のターゲットが….

|

« 限りなき物欲との闘い | トップページ | PCLinxOS 2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/44575547

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト Linux その3:

« 限りなき物欲との闘い | トップページ | PCLinxOS 2009 »