« UMPC、ネットブック この先にくるものは | トップページ | 冷や汗もののWindows環境とのコラボ »

2009年2月12日 (木)

窮地を救ってくれたThinkPad X40

ちょっとした事情でビジネスホテル住まいを余儀なくされている。急遽呼び出されて早朝自宅を出るときに、慌てて詰め込んだIBM X40。linuxの勉強用として中古で買ってきて、fedora10をインストールしていた。これにEeePC用に揃えたD02HW。X40用には設定をしていなかったが、EeePCのubuntuで設定した内容を参考に、あっさりとつながってくれた。昼間は外部からD02HWのつなぎっぱ、ホテルでは有線LAN接続で仕事とインターネットができる。助かった。
改めてThinkPad X40を使って見ると、本当に使いやすい。相当に使い込んであり、キーボードの印字の一部がかすれてしまっているが、キーボードタッチのなめらかさは絶品。UMPCやネットブックにこだわっていたが、これがあればもう満足、と言う感じ。バッテリーが消耗しきっていたが、ネットで探すとまだバッテリーが売っていたので思わずポチッとしてしまった。

写真はホテルの一室でX40とiPOD。ヘッドフォンを持ってきたが、寝落ち用には不便なので家電量販店でミニスピーカー(audio-technicha AT-SP230 2,980円)を買ってきて接続。できるだけ軽くて安いのをと選んだが、35年前に聴いていたAMラジオのような音がする^^;Ca310362

|

« UMPC、ネットブック この先にくるものは | トップページ | 冷や汗もののWindows環境とのコラボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/44040927

この記事へのトラックバック一覧です: 窮地を救ってくれたThinkPad X40:

« UMPC、ネットブック この先にくるものは | トップページ | 冷や汗もののWindows環境とのコラボ »