« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月26日 (木)

なんじゃこれ

20090226201小型のギアについ目が行くが、ここまで小さいとは、、、、
これって、一応というかちゃんとCPUが搭載されててサーバーとして使うそうだが、どんな使い方をするのかなあ。
想像するだけでも楽しそう。





電源プラグ自体が超小型PC:米Marvell社のプラットフォーム『SheevaPlug』

Marvell、「Plug Computing」構想に基づく「SheevaPlug」を発表

Marvell、電気コンセントにつなぐ超小型Linux PCを発表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

LPIC LEVEL1をGET!

年の初めに立てた目標の一つである、LPIC Level 1 (linuxの資格の第1段階。Level3まである)を取得できた。資格取得のためには、2つの試験に合格する必要があり、11月に一つ目に合格し、今日、2つ目を受験。開始後10分ぐらいで、今日はダメかもと、半ば覚悟を決めていたが、きわどいところで合格することができた。セフセフ(*^-^)
7月から勉強を始めて5ヶ月と超スローペースの合格だが、週末学習ではこんなものかもしれない。
で、合格して感じたのは、「知っているということと、使えることは違う」ということで、まだまだ実践できるレベルではないが、次のターゲットである、サーバー構築に向けて準備を始めますか。 

画像は試験の結果レポートと勉強に使用したノート。Lpi_exam640_3  Linux_note_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月13日 (金)

冷や汗もののWindows環境とのコラボ

昨日絶賛したThinkpad X40だが、Fedora 10でメールの確認、インターネットの閲覧なら快適だが、仕事でMS Office系ファイルのやりとりを行うといくつか困ったことが出てきた。
このような状況で仕事をする、と言う機会は滅多にないと思うので、備忘を兼ねて体験した事を記録しておく。

私の環境(中古機を利用したLinux環境)
IBM ThinkPad X40(Centrino 1.0GB  memory 1GB)
OS Linux 2.6.27.5
Fedora 10、LXDE
OpenOffice.org 3.0

仕事(職場)の環境(一般的なWindows環境)
OS Windows XP servicepack 3
Microsoft Office 2003

行った作業
MS WordおよびMS PowerPointで作成したファイルを電子メールに添付して送付してもらい、OpenOffice.org Writer,Impressで編集、加工した上でMicrosoft Offcieフォーマットで保存し、電子メールで送付する。

事象1 Wordファイルが開かない
ハードディスクにダウンロードしたWordファイルをダブルクリックしてデフォルトのWriterで開こうとしたらファイルが見つからない、というエラーが表示される。何度か試みるが結果は同じ。ファイルがないわけではなく、また、空ファイルでもないのだが、なぜか開かない。Fedoraにインストールされているもう一つのアプリのAbiWordで開いて見ると今度開いたが、文字化けがひどい。
Word内で表を作成した文書である。試しにWriterを立ち上げてから、ファイル→開くで該当のWordファイルを開くと今度は正しく開いた。一度開いた後は問題なく開くことができた。この記事を書くにあたってメールから再度ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてみたところちゃんと開いてくれ、再現はしなかった。

事象2 PowerPointファイルを開くのに異常に時間がかかる
ダウンロードしたPowerPointのファイルを開こうとしたら、なぜか途中で止まってしまった(ように見えた)。かなり重い(43ページ、1.1MB)ファイルではあるが、Impressの画面下に表示される「ファイル変換中」の進行状況を現すバーが2/3のあたりで止まってしまい、パネルに表示されているCPU USAGE MONITORが緑1色(100%)ではり付いている。途中でフリーズしたもの、と考え、バッテンマークをクリックすると「反応がありません」と表示される。うーん、困った。Impressのバグかなあ、と思いつつOpenOffice.org 2.4があったのでそれで開いてみるとかなり待たされるがちゃんと開く。てっきり3.0のバグと思い、2.4で作業をする。その後、ふとダメモトで3.0で再度トライ。無限に待ったような気がした後、開いてくれた。後でテストをすると、他にアプリを立ち上げていない状態でファイルを開くのに3分5秒かかった^^;。時間があれば所有している他のPCで時間を測定してみたい。(実践的なベンチマークファイルが手に入った。
ちなみに、以前、職場のPC(pntium memory 512MB)で開いた時にはそれほどストレスは感じなかったと思う。

事象3 Impressで加工後pptファイルで保存すると文字色が化ける
Impressで開いたファイルの一部を編集し、修正したページだけを残し他のページは削除してPowerPoint形式で保存。修正したページは箇条書きのテキストのみ。電子メールに添付したときに確認のために開くと箇条書きの部分が消えている。あれれ、どういうこと?と再度ファイルを開くと文字が白色になっていて、背景色が白であったため、見えなくなっていた。変だなと思いつつ黒字に修正して保存。再度開くと白文字になっている。何度やっても同じ。このまま送ると「あのー、見出し以外何も書かれていないのですが、、、、」と問い合わせが来そう(というか、間違いなく来る)
このシートは後でさらに加工する予定なのでPDFで送るわけにもいかず、結局PowerPointは諦めて、テキストを送付して、送付先でPowerPointに流し込んでもらうことにする。
取り合えず、最低限の処理をしたあと、問題のファイルをodp形式で保存すると文字色化けは生じなかった。これは何度試しても同じで他の色なら多少救われるが、白背景で白文字はつらい。

ということで、もっと時間が限られていたとしたらこの様な事例が生じるとかなり苦しい。自己完結の環境であれば問題はないが、Windows & MS Office環境のユーザー(世の中の95%以上と思われるが)とコラボレーションをしようとすると、課題があるようだ。でも、めげないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

窮地を救ってくれたThinkPad X40

ちょっとした事情でビジネスホテル住まいを余儀なくされている。急遽呼び出されて早朝自宅を出るときに、慌てて詰め込んだIBM X40。linuxの勉強用として中古で買ってきて、fedora10をインストールしていた。これにEeePC用に揃えたD02HW。X40用には設定をしていなかったが、EeePCのubuntuで設定した内容を参考に、あっさりとつながってくれた。昼間は外部からD02HWのつなぎっぱ、ホテルでは有線LAN接続で仕事とインターネットができる。助かった。
改めてThinkPad X40を使って見ると、本当に使いやすい。相当に使い込んであり、キーボードの印字の一部がかすれてしまっているが、キーボードタッチのなめらかさは絶品。UMPCやネットブックにこだわっていたが、これがあればもう満足、と言う感じ。バッテリーが消耗しきっていたが、ネットで探すとまだバッテリーが売っていたので思わずポチッとしてしまった。

写真はホテルの一室でX40とiPOD。ヘッドフォンを持ってきたが、寝落ち用には不便なので家電量販店でミニスピーカー(audio-technicha AT-SP230 2,980円)を買ってきて接続。できるだけ軽くて安いのをと選んだが、35年前に聴いていたAMラジオのような音がする^^;Ca310362

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

UMPC、ネットブック この先にくるものは

UMPC、ネットブックに関する興味深い記事を3つ

「低価格ミニノート、今のままなら2〜3年でブーム去る」

アナリストの発言なので、最初は業界向けのコメントと少し違和感を感じたのだが、UMPC(この場合、ULPCと言う方が適切か)をどのように進化させるべきかを考えて欲しいというメッセージと受け止めると、結論部分は納得できた。

この記事をきっかけに少し探してみると、

Netbookは中国では受け入れられない

山谷剛史の「中国IT小話」掲載の記事。EeePcが2007年秋に出たときには、今まではPCを簡単に入手できなかった新興国での需要が期待できる、ということであったが、中国では売れているのは所得の高い都市部のみ、と言う考察。

VAIO type Pと回転寿司

アスキー総合研究所遠藤諭さんのブログ「東京カレー日記」より。
久しぶりのCESでの興味のポイントはネットブック、超低価格ノートPCの世界がこれからどうなるかということだそうだ。結論めいたことは書いていないのだが、遠藤さんも私と同じところに視点があるようだ。

今のUMPCがどのように変化、進化するのか考えてみるのはなかなかおもしろそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »