« iPOD classic 120GB | トップページ | 今年の目標:デジタルライフ編 »

2008年12月30日 (火)

そしてpuppyのもとへ

gOS,LinuxMintと初代EeePC(4G)のSDHCにインストールするOSを試したが、gOSはネットにうまく接続できない、LinuxMintは動作がもっさり気味、ということで最終的にpuppyにすることに。puppyは軽量linuxを標榜するだけあってOSの占有量も小さいし、なによりサクサク動くのがうれしい。あらためてpuppy4.1 on EeePCの環境を整備することに。
インターネットへは、有線LANは問題なくつながっている。無線LANの設定にはひと手間かかる、という記載を見たことがあるのでまずemobile D02HWの設定を。ubuntuで成功したスクリプトがpuppyでも利用できるだろうとたかをくくっていたがこれが間違い。よく確かめもせずにubuntu用のスクリプトをコピーして実行しようとしたところ、まず"pon"コマンドが使えない。へえ、そうなの、ということでググってみるとありました。

Puppy Linux4.00 emobile D02HW 接続する

げーっ、設定やら、スクリプトやらで結構大変そう。でも、puppyに決めた以上はと、記載をもとにもにょもにょスクリプトを写し、実行権限を設定したりして、接続。うおっ、つ、つながった。うれしい。
基本的に有線LANとD02HWがつながれば不自由はしない。でも、自宅でケーブルを引きずりながら、と言うのもおもしろくないので無線LANにもトライ。調べてみるとpuppy4.0でEeePC4Gでの設定事例が紹介されていた。

Eee PC+Puppy Linux の無線 LAN

Windows用のドライバーをNDISwrapperを用いて使うとのこと。慎重に記載の通り設定するが、なぜかモデムを認識してくれない。ほとんど同じ環境なのに。とほほ。。。

puppy日本語フォーラムを調べてみるとありましただす。カーネルのバージョンアップが影響しているそうで 改めてモジュールをダウンロードすると、ああ、つながっている。これで、有線、無線、モデムの3点セットが揃い、「いつでも、どこでも」状態に。そういえば来年の3月から新幹線N-700 系で無線LANサービスが開始されるとのこと。週末の東京〜関西の往復の楽しみが増える。新幹線で仕事はしないぞっ。
というわけで、EeePCの愛人としてpuppyちゃん(正妻はeeeubuntuさま)が決定したのです。しばらくは愛人宅に入り浸りかも。
それにしても、こうして快適に使えるようになったのは、先達のおかげ。keitaさん、286さん、jakeさん、まっちゃんさんに足を向けて寝られない。そのうち立って寝なければならなくなりそう。Puppy_screenshot2

|

« iPOD classic 120GB | トップページ | 今年の目標:デジタルライフ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166327/43578670

この記事へのトラックバック一覧です: そしてpuppyのもとへ:

« iPOD classic 120GB | トップページ | 今年の目標:デジタルライフ編 »