« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月30日 (火)

そしてpuppyのもとへ

gOS,LinuxMintと初代EeePC(4G)のSDHCにインストールするOSを試したが、gOSはネットにうまく接続できない、LinuxMintは動作がもっさり気味、ということで最終的にpuppyにすることに。puppyは軽量linuxを標榜するだけあってOSの占有量も小さいし、なによりサクサク動くのがうれしい。あらためてpuppy4.1 on EeePCの環境を整備することに。
インターネットへは、有線LANは問題なくつながっている。無線LANの設定にはひと手間かかる、という記載を見たことがあるのでまずemobile D02HWの設定を。ubuntuで成功したスクリプトがpuppyでも利用できるだろうとたかをくくっていたがこれが間違い。よく確かめもせずにubuntu用のスクリプトをコピーして実行しようとしたところ、まず"pon"コマンドが使えない。へえ、そうなの、ということでググってみるとありました。

Puppy Linux4.00 emobile D02HW 接続する

げーっ、設定やら、スクリプトやらで結構大変そう。でも、puppyに決めた以上はと、記載をもとにもにょもにょスクリプトを写し、実行権限を設定したりして、接続。うおっ、つ、つながった。うれしい。
基本的に有線LANとD02HWがつながれば不自由はしない。でも、自宅でケーブルを引きずりながら、と言うのもおもしろくないので無線LANにもトライ。調べてみるとpuppy4.0でEeePC4Gでの設定事例が紹介されていた。

Eee PC+Puppy Linux の無線 LAN

Windows用のドライバーをNDISwrapperを用いて使うとのこと。慎重に記載の通り設定するが、なぜかモデムを認識してくれない。ほとんど同じ環境なのに。とほほ。。。

puppy日本語フォーラムを調べてみるとありましただす。カーネルのバージョンアップが影響しているそうで 改めてモジュールをダウンロードすると、ああ、つながっている。これで、有線、無線、モデムの3点セットが揃い、「いつでも、どこでも」状態に。そういえば来年の3月から新幹線N-700 系で無線LANサービスが開始されるとのこと。週末の東京〜関西の往復の楽しみが増える。新幹線で仕事はしないぞっ。
というわけで、EeePCの愛人としてpuppyちゃん(正妻はeeeubuntuさま)が決定したのです。しばらくは愛人宅に入り浸りかも。
それにしても、こうして快適に使えるようになったのは、先達のおかげ。keitaさん、286さん、jakeさん、まっちゃんさんに足を向けて寝られない。そのうち立って寝なければならなくなりそう。Puppy_screenshot2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

iPOD classic 120GB

iPOD classic 80GBが満杯になり、その後もCDを購入&レンタルして、あまり聴きそうにない曲をiPODから削除したりしたが、削除する曲が限界になってきたので、120GBを購入。当面はこれで何とかなりそう。5.5世代の80GBよりもさらにスリムになっているが、ケースなどのアクセサリーはほぼ共通で使える。今の80GBは息子に回そう。

Ipod120gb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

gOSからeeeMintへ

前回のgOS 3の続き。
インターネットには emobileのD02HWで接続することに成功
更に悪戦苦闘するが、LAN(有線、無線)経由でのインターネット接続がうまくいかず。そのほかにも不具合が生じたので利用を断念することに。そんな折、ライブCDの部屋でeeeMint 6.0 を発見。これは最近公開されたLinuxMint 6 (Felica)をEeePC用にカスタマイズしたもの。クリスマスイブに公開したのでHolly nightという素敵なネーミング(背景も)がされている。Linux Mintはwikipediaによると「洗練され、最新で快適なLinuxデスクトップを提供することを目標としている。Linux MintはUbuntuをベースにしており、同じリポジトリを共有している。」とのこと。また、eeeMintはeeeubuntu,eeexubuntuなどの一連のEeePC用カスタマイズの最後であるので、EeePCへの最適化が一番なされているとのこと。LinuxMintは今まで試してみたことはなかったが、gOSがうまく行かなかったものだから、ちょっと試しに、とgOSを削除してeeeMintをインストールみる。ubuntu8.10がベースなので、インストールはいつもの手順でスムーズに行く。さらに、さらにインストール、再起動後即すべての機能が問題なく使える!同じubuntuがベースでもカスタマイズによりここまで違うのか、と改めてライブCDの部屋さん?に感謝。
使ってみたところ、初代EeePCでは動作にちょっともっさり感がある。puppy4.1の方がサクサク動く。GNOMEからもっと軽い環境に変更した方がよいかもしれない。EeePCのメインはeeeubuntuにしているので、SDHCから起動することはあまりないかもしれないが、サブのOSはサクサク動くpuppy(未だに無線がつながらない)にするか、馴染んだ環境のeeeMintにするか。もちょっと遊んでみよう。
Linux_mint

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

gOS 3 Gadgets on EeePC

以前からそのルックアンドフィールが気になっていたgOS。gOSのgはgreenOSとかgoogleOSとか諸説があるようだが、good OSと言うのがどうも正解らしい。
http://thinkgos.com/

以前のバージョンでは日本語環境に対応していないようだったのだが、最新のバージョン gOS 3 Gadgets では日本語環境にも対応しているそうだ。
早速雑誌の付録のCDから初代EeePCのSDHCにインストールしてみる。
LiveCDからgOSを起動し、インストールを選択。
gOS 3 はubuntu 8.04がベースになっているので、インストール作業はubuntuとまったく同じ。サブのSDHCにインストールするためのインストール時の拡張設定と再起動後のmenu.lstやdevice.mapの変更も同じ。
で、無事起動。デスクトップがなかなか楽しい。
ところがなんか変。ネットワークにつながっていない。
EeePCでは無線LANに繋がらないのは以前からよく聞いていたが、有線LANも切れている。ベースがubuntu8.04なんだから繋がっても不思議ないのに。。。
ネットワークの設定をしてみようと「システム」-「システム管理」-「ネットワーク」の画面を立ち上げると、自分のパスワードを認証してくれない。
LIVECDが変だったのかなあ、と思い新たにダウンロードしてみても同じ。
試しに、別のマシン(acer Power2000,ThinkPad X40)でLIVE CDで起動すると問題なく繋がっている。
何度かやっているうちに、ひょっこり繋がる。うぉっ、繋がったやんけ(関西弁)と表示のカスタマイズなどを施し、再起動すると今度は無慈悲にもネットワークのアイコンに×マーク。
要は繋がったり、繋がらなかったり(正確に言うとほとんど繋がらないが、たまに繋がる)という症状。googleに接続することを多分に意識したgOSなのに、ネットに繋がらなくてはシャレにならない。もう少し調べてみるか、新しいバージョンを気長に待つか。。。
1日遊ばせてもらった。
Screenshot_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

デジタルネイティブ

いささか旧聞に属するかもしれないが、11月にNHKスペシャルで「デジタルネイティブ」と言う番組があり、興味深く観た。

http://skurima.com/2008/11/13/digitalnatives.html

digital native  つまり生まれたときからデジタルの世界で生活している人で年齢的には 20代以下の人たちに当たりそうだ。

デジタルネイティブの特徴
  1.現実とネットを区別しない。
  2.情報は"無料"と考える。
  3.年齢や肩書き、所属を重視しない。

番組では世界中でさまざまな形でインターネットを生活の一部にしている人たちの
姿をとらえている。
私は、あきらかに彼らとは違う世代に生きてきた人間。
これから彼らの世代(2018年以降とも言われている)になってきたとき、
どのように世界、価値観が変わって行くのか。
その中で変わらないものは何か、しっかりと見据えて行きたい。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

イチ押しはどっち? EeePC S101 vs HP mini 1000

UMPCが今熱い。初代EeePCが出てから1年足らずのうちに百花繚乱の感。
Specも進化し、価格も下落傾向にある。
レノボ、ミニノートパソコン「IdeaPad S10e」の値下げを発表

そんな中で次に買うなら、と思っているのがEeePC S101HP mini1000
スペック的にはほぼ互角の両機をヨドバシカメラの店頭で実際に触ってみた。
チェックポイントの第1はキーボード。キーピッチはともに17.5mmで打ちやすい。
タッチパッドはレビュー記事などにあるようにmini1000では慣れが必要と思う。
初代EeePCでは打ちづらかったが、この大きさでは問題ない。
打鍵感はmini1000の方がやや私の好みだが、大差はない。
チェックポイントの第2の画面はともに10.2インチで解像度も同じ(1024×600)なのでほぼ同等。
S101はノングレア、 mini1000はグレアだが、見た限りではmin1000のグレアタイプでもあまり気にならなかった。
3番目のチェックポイントは外観。薄さはS101の方がやはりスリム。あとは好みだがmini1000の天板のデザインはあまり好きにはなれない。そういう意味ではS101はかっこいいと思ってしまう。
ということで印象としてはS101に軍配が上がりそうだが、価格差約1万5千円といわれるとちょっと迷ってしまう。
うーむ。もう少し初代EeePCと付き合いますか。でも、ほ、ほ、欲しい(^-^;

あとメモリーはともに1GBだが、2GBに換装も可能。あくまでも自己責任だが。
EeePC S101メモリ増設(2GB)
Atom搭載でまるで別物に進化したHPのミニノート「Mini 1000」
最後に、OSをLinux (Ubuntu)を搭載することを考えると、EeePCの方が情報、事例が多く一日の長というか安心感がある。ある雑誌でhp2133 Mini-Note PCではubuntuのインストールがうまくできなかったという記事の記憶がある。US仕様ではubuntu搭載モデルもあるのだからそのうち日本仕様でも、と期待するところだ。

S101vsmini1000_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

ちょっといい話

こんなニュースを見つけた。

廃棄予定のノートパソコンにLinuxを載せて中高生に無償配布、会津坂下町 

個人ではやっている人は多いと思うが自治体では珍しいとのこと。
資源の有効活用を考えれば自然の成行ですかね。
vistaも悪くはないけどそれしか選択肢がないというのはどうか、と思う。

会津と言えば市のPC840台のオフィスソフトをopen office.orgに置き換えた会津若松市がある。

これにRubyで町おこしの島根市とOSSについては地方が熱い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

puppy linux 4.1.1

初代Eee PCのメインはeee ubuntu8.10だけど、SDHCにpuppy linuxをインストールしている。たまにしか使っていないが、軽くて使っていて楽しい。そのpuppy linux が4.0から4.1.1にバージョンアップしたので、再インストール。今のバージョンでも不足はないのだが、つい新しいのに目が奪われる。
ISOイメージをCDに焼いてLIVE CDを起動してSDHCにインストール。以前なら、事前にインストール方法を確認して注意深くしていたが、なんとかなるかと適当にインストール先を選んでインストール。2度ほど失敗して3度目にようやく成功。
有線ネットワークにもすぐにつながる。
(無線はまだ試してません)
で、インストールしたpuppy linux 4.1.1 から投稿。
日本語化していただいたメンバーに感謝です。Mydocuments

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

Google Chrome リリース

GoogleのWebブラザーのChromeがバージョン1.0としてリリースした。
まだWindows版だけのリリースだけどMac,Linux版も開発予定とのこと。
正式版がリリースしたとのことでWindows環境にインストールしてみる。
ダウンロード、インストールは何の問題もなくできる。
今まで使っていたFirefoxのブックマークも引き継がれる。
起動は世界1早い、と言われているようだが、体感的にはFirefoxに比べて少し早いかな、という感じ。
操作性も、ブックマークバーの使い方が便利になったり、アドレスバーにURLだけではなく、検索したいテキストを入力すれば検索できるようになっている。もう少し使ってみて、Firefoxと比較してどちらにするか決めたい。

Google_chrome

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月10日 (水)

80GB iPodの空き領域が1.2GBに

第6世代のiPod classicの80GBの空き容量が1.2GBになってしまった。画像はなく、リッピングしたCDのみで6,900曲あまり。大半がjazz。
所有しているアルバムと、TSUTAYAで借りてきたCDをせっせと入れ続けた。基本的にITUNESにリッピングした曲をすべて持ち歩きたいのでこういう結果に。夜寝るときと週末に東京-新大阪を移動するときに活躍してくれている。うーん、あまり聴かない曲をiPodから削除するか、120GBに買い換えて、今のを息子にまわすか。。。あと、アルバム数枚追加する間に決めねば、、、
先日インストールしたsongbirdはAero Birdのフェザーがお気に入り。

Ipod Songbird

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

ubuntu 8.10 でemobile D02HWがやっとつながった

EeePc用にemobile D02HW を使用している。
EeePC (4G)を発売直後に買ったものだから、あとからD02HWを買い足し、その後セットでの価格は700分の1に、、、、
ubuntu7.10、8.04では、関連サイトから情報を得てなんとかつながっていたが、8.10からネットワークの設定がNetwork Configurationというのに変わり、そこでの設定をこれまた関連サイトからの情報でつないでみたが、うまくゆかない。どうもバグがあるとの報告もある。これではEeePCを持ち歩く価値が半減するなあ、と思っていたところ、jugyoさんのサイト

http://jugyo.org/blog/2907

からコマンドでの設定でようやくつながった。jugyoさんに感謝。
なんせ、linux初心者なもんで、自分で解決はできず、あちこちのサイトを参考にさせていただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

songbird 1.0

オープンソースの音楽プレイヤー songbirdの1.0がリリースされた。
iTunesのオープンソース版と言えば一番わかりやすいだろうか。
Windows,Mac,Linuxのバージョンが揃っている。

ubuntuにインストールするに当たってはsudoaptgetさんのサイトを参考にさせていただいた。
http://mainlyubuntumacattimes.blogspot.com/2008/12/songbird100-on-ubuntu.html

インストールすると日本語版が自動で提供される。
起動後、iTunesを使っている人であれば何の違和感もなく操作ができる。
フェザーをインストールすると見た目も変わる。
今まではubuntu標準搭載のRythmboxを使用していたが、今日からはsongbirdに乗り換えよう。

  Songbird_3 Screenshot_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

KDEでfedora10

3日続きの午前様残業がようやく一段落し、つかの間の開放感。
かなりヘロヘロモード。
fedora10をGNOME版でインストールしたが、KDE4.1が試してみたくて、KDE DESKTOPをインストール。
レポジトリに登録されているので

# su
# yum groupinstall kde-desktop

でダウンロードとインストールができる。
login画面でKDEを選択するとKDEで起動する。
firefoxもちゃんとあります。よしよし。
desktopの印象はKDEの方がcool.

Fedora10_kde

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

らくちんubuntu

週刊アスキー別冊の「らくちんubuntu」を購入。

http://www.ascii.co.jp/books/books/detail/978-4-04-867516-1.shtml

別冊のubuntu特集はこれで3冊目。
前2冊はさすが(PCとともに歩んできた)asciiという感じでツボをしっかりと押さえていた。
今回も楽しみだが、ババ残(無限に続く残業の意)で午前様。
リセットのために布団の中で少し読むか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »